MCS(メディカルケアステーション)による連携支援機能

【青葉区在宅医療・介護多職種事業者の皆様へ】
メディカルケアステーション(MCS)による連携を開始いたします。
MCSは、医療介護専用の完全非公開型コミュニケーションツールで, メディカルケアステーションは、医療現場のニーズに対応すべく、スマートフォンなどのモバイル対応、だれでも簡単に利用できるタイムライン形式による情報共有、セキュリティに配慮した「完全非公開型」SNSなどの技術を駆使して開発された、病院、クリニック、介護施設、薬局など医療関連施設のための、医療に特化したソーシャル医療連携プラットフォームです。

=MCSの特徴=

  1. 通話アプリ感覚で使えて、操作が簡単である
  2. 医療介護セキュリティ、管理体系が整った完全非公開型である
  3. 災害時にもつながりやすい


  • 人とつながる
    所属や立場を越えた医療・介護関係者の多職種連携をスムーズに実現。“完公開”という強固なセキュリティ環境のもと、安心かつ手軽に利用できます。
  • 情報とつながる
    担当する患者・利用者の診療やケアに必要なコミュニケーション情報をリアルタイムに共有。インターネット上のサービスのため、いつでもどこでも利用できます。
  • データとつながる
    報告書やFAXといった文書ファイル、画像など、患者や利用者の医療・介護データを一元管理。許可されたメンバー間でスムーズなデータ共有を行えます。

MCSによる連携を希望される新規事業者は、MCS利用登録依頼書をダウンロード・印刷し必要事項を記入の上、拠点までメールでお送りください。


MCS利用登録依頼書 ダウンロード (Excel形式)


登録依頼の送信先
メール:kyoten@aobakumc.or.jp


また、MCS使用方法は、MCSご利用ガイドをダウンロードして下さい。


使い方等不明な点は拠点へお問い合わせ下さい。

MCS運用ポリシーについて

メディカルケアステーション(MCS)を利用する青葉区内医療介護事業所の皆様へ

  • MCSの利用に際しては、患者(利用者)の診療および療養情報を含む個人情報を扱うため細心の注意が求められます。そのため、病院・クリニック・医療介護事業等各施設向けに、あおばモデル「MCS運用ポリシー」を作成しました。

 これは、医師法・薬事法・個人情報保護に関する法律などの法令を順守し、厚生労働省の「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」や「医療情報システムの安全管理関するガイドライン」など医療介護従事者向け各種ガイドラインを考慮して製作したものです。
 各事業所におかれましては下段の「あおばモデルMCS運用ポリシー」(PDF形式)をご覧の上、管理者のもと運用ポリシーを順守し利用してください。
 尚、同じく下段の「MCS運用ポリシー(ひな形)」をダウンロードして各事業所で使用することもできます。


■「あおばモデルMCS運用ポリシー」
(PDF形式:1.43MB)

 あおばモデルの趣旨に賛同し、在宅医療連携拠点経由でMCSを利用する区内事業者が、適切に「MCS運用ポリシー」を作成できるように、「あおばモデル」としてのポリシー作成の手引きを、PDF形式で、青葉区在宅医療連携拠点HP上で公開します。


【目次】

  1. 法令および各種ガイドライン
  2. 患者同意
  3. IT機器の安全対策
  4. MCSの位置づけ
  5. MCS管理者の設置とアクセス制御
  6. スタッフ誓約書と教育
  7. MCS運用ポリシーの作成と運用のポイント

【添付参考資料】
・患者同意書
・スタッフ誓約書

■各事業者向け「MCS運用ポリシー(ひな形)」
(Word形式でDL可)

 あおばモデルの趣旨に賛同し、在宅医療連携拠点経由でMCSを利用する区内事業者が、個別で策定する「MCS運用ポリシー」のひな形です。Word形式で青葉区在宅医療連携拠点HP上で、DL可能な状態で公開します。
 黄色くマーキングした箇所を、個別の事業者名に修正するだけで、基本的な運用ポリシーとして採用できるようにできています。
 各事業所の必要に応じて、その他の内容も修正できます。


【目次】

  1. 法令および各種ガイドライン
  2. 患者同意
  3. IT機器の安全対策
  4. MCSの位置づけ
  5. MCS管理者の設置とアクセス制御
  6. スタッフ誓約書と教育

【添付参考資料】
・患者同意書
・スタッフ誓約書



PAGETOP